臨床検査学科定員40名程度

臨床検査技師

MT -Medical Technologist-

診療に必要なデータの計測
分析のスペシャリスト

臨床検査学科

臨床検査技師とは?

  • 臨床検査技師は患者さんのからだの情報を正確に検査する役割を担っており、病気の科学的分析に貢献する検査のスペシャリストです。
  • 目に見えない“病気のサイン”を見つけるため、からだの中の血液、尿、細胞などの成分の分析や、心臓や肺、脳などの臓器の働きを画像や波形で計測し、正確な診断や治療に貢献します。
  • 病院などの医療機関以外にも医薬関連企業や科学捜査部門など幅広い分野で活躍しています。
臨床検査技師

目指せる資格

  • 臨床検査技師(国家資格)
  • 細胞検査士(予定)(民間資格)
  • 遺伝子分析化学認定士・初級(民間資格)
  • 中級・上級バイオ技術者(民間資格)
  • 健康食品管理士(民間資格)

想定される主な就職先

  • 医療施設
  • 検査センター
  • 保健所・衛生研究所
  • 科捜研
  • 検査試薬関連企業
  • 製薬関連企業
  • 医療機器関連企業
  • 食品関連企業
  • 治験コーディネーター
  • 医学関連の出版社  等
臨床検査技師
動画でわかる!

臨床検査技師の仕事

臨床検査振興協議会より)

臨床検査学科は、血液検査や生化学検査、微生物検査、病理検査、
生理学検査を学び、検査のスペシャリストを育成します。

新学部に関してのお問い合わせはこちら

本ホームページの内容は予定であり変更する場合もあります。

PAGE TOP