診療放射線科学科定員25名

診療放射線技師

RT -Radiological Technologist-

最先端機器で患者さんを救う
スペシャリスト

診療放射線科学科

診療放射線技師とは?

  • 放射線や電波、磁場、超音波などを駆使し、画像診断や放射線治療、放射線管理や医療情報管理の分野で医療に貢献します。
  • 革新的な最先端技術により、X線やCT、MRI、核医学、放射線治療、医療情報などが医療に貢献しています。診療放射線技師は、現代医学には欠かせない存在です。
  • 診療放射線科学の中心的学問分野である画像診断技術学、核医学技術学、放射線治療技術学に加え、放射線管理・計測学や画像情報解析学に関する教育を行います。
診療放射線技師

目指せる資格

  • 診療放射線技師(国家資格)
  • エックス線作業主任者(国家資格)
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者(国家資格)
  • 第1種・第2種放射線取扱主任者(国家資格)
  • 作業環境測定士(国家資格)

想定される主な就職先

  • 医療施設
  • 検診施設
  • 教育・研究施設
  • 保健所
  • 官公庁
  • 医療・研究機器関連企業・商社
  • 医療情報関連企業
  • 遠隔医療関連企業
  • 非破壊検査関連企業
  • 放射線を取り扱う団体や企業  他
診療放射線技師

現場からのメッセージ

診療放射線技師からのメッセージ

診療放射線技師 菊田 葉生
診療放射線技師
菊田 葉生きくた よう

2017年より福島県立医科大学附属病院
放射線部に勤務

患者さんの負担を最小に最良の撮影を目指す

診療放射線技師になろうと思ったきっかけは?

小学校の時からずっとサッカーをやっています。何度もケガをし、レントゲン写真を撮りました。自分の骨や関節が写った画像を見て面白いと思い、診療放射線技師の道を選びました。

大学では、放射線医学や解剖学、実際の撮影の方法など幅広い知識と技術を身に付けました。震災のときには放射線のことは知りませんでしたが、放射線は使い方によって、人の命を救う大事な役割を持っていることを学びました。

仕事のやりがいは?

撮影は医師の指示に従って行いますが、どういう画像が必要なのかを自分で考え、撮影条件を整えます。例えば、肩や膝の関節の撮影の指示が来たときには、関節の中の骨と骨が重ならないように、つまり骨のすき間が写るように、関節に触りながら、照射装置とパネルの調整を繰り返します。きれいにすき間が撮れたときには、小さな達成感を感じます。将来はPET検査や放射線治療も担当できるよう、努力を続けていきます。

病院長からのメッセージ

福島県立医科大学附属病院 病院長 小林 寛崇
福島県立医科大学附属病院 病院長
鈴木 弘行すずき ひろゆき

益々重要性が高まる診療放射線技師を
目指しませんか!

近年の医療技術の進歩はめざましく、特に放射線を用いた検査や治療技術の進歩は著しいものがあります。これらの医療技術の進歩と相まって、診療放射線技師の重要性が高まっています。これらの高度な医療機器を使いこなすためには放射線の知識のみではなく、解剖学や生理学といった基礎医学の知識や、コンピューターサイエンスの知識も重要です。加えて近年では人工知能(AI)の技術が本領域に関わってきております。このように幅広い知識と技術を兼ね備え、先進的医療を支える診療放射線技師となるべく、優秀な講師陣が揃う本学の新しい学び舎で多くの仲間達と一緒に勉強してみませんか。

教員からのメッセージ

新医療系学部設置準備室 教員 久保 均
新医療系学部設置準備室 教員
久保 均くぼ ひとし

「放射線」、これは人類にとって利益にも不利益にもなります。我々は、これを活用して医療の分野で患者さんを救い、放射線の専門知識で社会に貢献するためにがんばることができる人を歓迎します。充実した最先端医療機器群と少人数教育の環境の下で、創造性豊かな教員とともに放射線や医学・理工情報学の基礎から最先端を学び、豊富な専門知識で社会に貢献できる人材を目指しましょう!

新医療系学部設置準備室 教員
新学部に関してのお問い合わせはこちら

本ホームページの内容は予定であり変更する場合もあります。

PAGE TOP