理学療法学科定員40名

理学療法士

PT -Physical Therapist-

運動機能回復のスペシャリスト

理学療法学科

理学療法士とは?

  • 理学療法士は、病院での急性期治療から退院後の在宅医療まで、さらに、介護予防、健康増進、スポーツなどのさまざまな分野で運動機能回復に関わるスペシャリストです。
  • 病気やケガで、起きる、立つ、歩くといった基本動作が困難な人のために、運動療法や物理療法などを用いて運動機能の回復、改善に取り組みます。
  • 少子高齢化が進んだこれからの社会において、重要な役割を担うことが期待されています。
理学療法士

目指せる資格

  • 理学療法士(国家資格)

想定される主な就職先

  • 医療施設(急性期総合病院、回復期リハビリテーション病院)
  • 介護老人保健施設
  • 地域包括支援センター
  • 通所・訪問リハビリテーション事務所
  • 教育・研究施設
  • スポーツ分野
  • 行政関係施設(保健所、市町村保健センター)
  • 医療福祉機器企業  等
理学療法士
動画でわかる!

理学療法士の仕事

日本理学療法士協会より)

現場からのメッセージ

理学療法士からのメッセージ

“ここ一番!”の時に負ったケガ
試合に出られなかった悔しさがきっかけでした

理学療法士になろうと思ったきっかけは?

学生のころバスケットボールをやっていたのですが、試合前にケガをしてチームに貢献できずに悔しい思いをしました。ケガの治療をする中で理学療法士という職業を知りました。ケガのせいで好きなことを諦める人を少しでも減らしたくて、理学療法士を目指す決意をしました。

仕事のやりがいは?

リハビリを行うときは、患者さんの血圧、脈拍、体温を測定し、顔色や体の具合などを細かく観察して、慎重にその日のプログラムを組みます。大切なのは、体の状態だけではなく、その人の生活環境も考えてプログラムを組み立てていくことです。

リハビリに臨む気持ちは人それぞれです。患者さんがリハビリをすることに後ろ向きな場合、リハビリの目的やメリットなどを少しずつ説明し、本人が納得してからリハビリを始めます。時間をかけて信頼関係を結んでいくのです。

理学療法士は、単に体を動かせるようにするだけではなく、患者さんの気持ちを汲み、自宅に帰って元気に暮らすことを支援する、奥の深い仕事なんです。

理学療法士 小林 寛崇
理学療法士
小林 寛崇こばやし ひろたか

2016年より福島県立医科大学附属病院
リハビリテーションセンターに勤務

病院長からのメッセージ

福島県立医科大学附属病院 病院長 小林 寛崇
福島県立医科大学附属病院 病院長
鈴木 弘行すずき ひろゆき

理学療法士を目指してみませんか?

当院は福島県で唯一の特定機能病院であり、高度かつ急性期医療を行う病院です。このような急性期病院では難易度の高い手術や侵襲度の高い検査を日常的に行っておりますが、術後の回復を一日でも早めることは社会復帰のために大変重要です。また高齢化社会が本格化している本邦においては脳梗塞後障害をはじめとした慢性病態の改善も大切です。各種疾患による機能低下を最低限に抑え、早期に自宅に退院し、社会復帰を果たすためには、理学療法士の存在と活躍が必須です。これから益々その重要性が高まる理学療法士となるために、優秀な講師陣が揃う本学の新しい学び舎で多くの仲間達と一緒に勉強してみませんか。

教員からのメッセージ

新医療系学部設置準備室 教員 伊橋 光二
新医療系学部設置準備室 教員
伊橋 光二いはし こうじ

理学療法士は、病気や障害のある方が、その人らしい生活を再建するための根底となる、起きて、立って、歩くといった動作の改善を促します。一緒に、人々の生活を運動機能から支えましょう。

新医療系学部設置準備室 教員
新学部に関してのお問い合わせはこちら

本ホームページの内容は予定であり変更する場合もあります。

PAGE TOP